えちこの旅ブログ

知的好奇心のおもむくままに

MENU

【女一人歩き遍路】第7回目4日目 54番 延命寺までの道のり

※この記事は、2015年9月~2019年4月まで3年半かけて歩き遍路をした記録です。情報などは当時のものなので、現在と変わっていることがあるかもしれません。ご了承ください。

 

2017年6月1日

 

月が替わって今日から6月です!

5時半起きで6時朝食。

f:id:iechiko:20210818171154j:plain

朝早いけど、ご飯モリモリ食べるよー

朝食も美味しかったです!

 

昨日お風呂でご一緒になった女性お遍路お二人さんと一緒に、堀江駅まで宿の送迎バスで送ってもらいました。

お二人はそこから電車で。私は今日の出発点を駅にまた歩き始めます。

 

バスの中でしばしお話し。お二人とも大阪の方でした。

私、出会う人関西人ばっかなんですけど。これも何かのご縁なのか。それとも単にお遍路は関西人に人気なのか・・・

 

 

今日も暑くなるみたいだから頑張ってね!

とエールを送っていただき、固い握手を交わしお別れ。

 

f:id:iechiko:20210818171159j:plain

堀江駅。

何か、おしゃれなプレハブみたいで(あ、褒めてます)可愛い駅でした。

 

f:id:iechiko:20210818171203j:plain

時刻は6時50分。

どうだ、今日も雲一つない。

そんな中、お遍路史上最長の40キロ歩く予定であります。

頑張れ、自分。

 

まず目指すは54番 延命寺

53番からは34キロの距離です。昨日は数キロおきにお寺あったのに。

またしても長距離遍路道です。ツンデレだなーもう。

 

しばらくすると、道は海沿いに。

 

f:id:iechiko:20210818171208j:plain

綺麗やんかいさー

堀江湾だそうです。

 

f:id:iechiko:20210818171218j:plain

今日は今治まで歩きます。

まだまだ道のりは遠い。

このままずっと海沿い歩けるかと思いきや20分ほどで内地?の道に。

 

f:id:iechiko:20210818171228j:plain

県道沿いを。また海見える道にならないかなー

お墓ビューじゃなー・・・(ってか、何でここで写真撮ったんだろ。全く意識してなかったわ。反対側のお墓)

 

f:id:iechiko:20210818171233j:plain

愛媛のゆるキャラ みきゃん!

やだ、かわいいーいっぱいいるー

 
反対側の道を男性のお遍路さんが。

早々に追い抜かされ、その後一度前を歩いているのを見かけましたがすぐさま見えなくなりました。

はえーな、おい。

 

海沿いの何もない道を延々かと思いましたが、この辺りはコンビニもありトイレ問題も難なく解決。

 

f:id:iechiko:20210818171239j:plain

ここ最近お世話になってる「くすりのレディ」

マツキヨとかコクミンとか見ないけど、このレディが愛媛にはやたらある。

 

f:id:iechiko:20210818171247j:plain

花へんろの町だそうです。

どの辺がでしょうか。そもそも花へんろってなんぞいな。

この看板の方へ進むのではなく、これを見つつ右折です。

 

f:id:iechiko:20210818171251j:plain

与讃線の線路を越えまして、先ほどまでは車が横をびゅんびゅんでしたが急に静かな住宅街になりました。

 

f:id:iechiko:20210818171300j:plain

国道196号線を離れ、今治街道という道へ。

遠くに坂が見えて「げっ。あれ上るのか・・・」とうんざりしてたんですが

 

f:id:iechiko:20210818171305j:plain

左の坂ではなく、右が遍路道でした。

 

f:id:iechiko:20210818171310j:plain

小さな集落の遍路道へと進みます。

この先めっちゃ坂道でした。ぜ、ゼーゼー。暑い、暑いよ・・・

 

f:id:iechiko:20210818171322j:plain

上り切った先で休憩。

さっきまでの海から一転山の景色。風が気持ちいいです。

 

f:id:iechiko:20210818171332j:plain

山下りたら、松山市から北条市になりました。

えーと、右下の生き物はなんでしょうか。・・・鹿ですか。

 

再び196号線に戻ってきました。

前方に車が止まったなーとぼんやり見てたら、運転席からおじさんが声をかけてきました。

 

歩きでまわってんの??

 

そうですー

 

そしたらこれ、あげるわ。頑張りや

 

そのお言葉と共に頂いたのが

 

f:id:iechiko:20210818171337j:plain

缶コーヒーとリポD

 

しかもめっちゃ冷えてたので、多分買ってすぐのやつ。

自分で飲もうと思ってたやつちゃいますのん?

それ、私にくれますのん?

ありがたやー。何だか愛媛の方は今まで以上にお遍路さんに愛情を持ってくださる方が多い気が・・・

 

自分、愛媛、好きっす。

 

早速、リポDいただきました。

ファイトーいっぱーつ!!!

 

f:id:iechiko:20210818171346j:plain

またしても海沿いになりました。

やっぱ綺麗な海見てるだけで癒されます。

 

f:id:iechiko:20210818171354j:plain

そして、今治市に突入!!

 


今治まで22キロ。

え。すでに今治なんですけど。どこまでの距離ですか、それ。

 

そして、この直後、私を襲う悲劇。

そう、それは尿意。

 

に・よ・う・い(大文字で区切んな)

 


ですが、ご覧の通り、海沿いの国道。

コンビニはおろか、ガソスタの姿もありません。

ピーンチ!

Googleマップで確認すると、3.7キロ先にサークルKが!

そこまで耐えるしかない。頑張れ、自分。

 

さっきリポD一気飲みしたからかしら。

あれだけの量で、とお思いでしょうが、私人一倍水分取らない体質のくせに、人一倍トイレ近いんです。

この話し、こないだ久々会った地元の男友達にしたら、何がツボにはまったのか食べてたエビ噴き出してました。

 

おじさんの好意がこんなことになるなんて。

でも、おじさん悪くない。悪いのは私の膀胱(がちの意味で膀胱悪いと思われる。台湾の足つぼでも膀胱のツボすげー痛かったし)

 

またトイレネタかよってお思いでしょう。

でも、歩き遍路とトイレは切っても切れない仲なんです。

何のお店もない海沿いの国道をいそいそと歩きます。

4キロ弱の距離。車なら一瞬です。

走ったら30分弱。(1キロ 6分ペース計算)

ですが、歩くと実に1時間近くかかります。

足早に歩き、汗をかいて水分を他の方法で排出しよう作戦です。

 

これが意外と正解で。

「まだ我慢できる」状態をキープすることができました。

 

f:id:iechiko:20210818171407j:plain

休憩スペース発見しました。

座るなら、今は便座に座りたい。(表現リアル)

 

という訳でスルー。

 

f:id:iechiko:20210818171412j:plain

セブンイレブン スリーナイン 

遠いわ、まだ1キロもあるわ。

 

f:id:iechiko:20210818171417j:plain

やくよけ大師霊場。遍照院。

 

はい、あっさりスルー。

 

f:id:iechiko:20210818171426j:plain

そしてこの遍照院のお隣に、サークルKがありました!

(さっきのセブンイレブンより手前にコンビニありました。)

 

「トイレ行きたい・・・」ってなってから実に50分。


ふー耐えたー

 

己の膀胱事情をこんなにあからさまにしなくてもいいのでしょうが。

そして読んでくださってる方も興味ないかもしれませんが、どこそこのお寺はこんなんですよーとか、道中こんなん見れますよーは言うたらガイドブックにも載ってる情報で。

そんなことより、ホントのお遍路は生理的欲求との戦いなんだ、というリアルなお話しもきちんとお伝えしていきたいと思っています。

みんなに届け。この尿意と戦った私の頑張り。(いらん、いらん)

 

f:id:iechiko:20210818171429j:plain

そして、サークルKからわずか10分の距離にローソン。

 

距離感よっ。


そして、そこからさらに10分後。

 

f:id:iechiko:20210818171434j:plain

さっきの看板のセブンイレブン

 

いや、だから距離感よっっ。

 

まんべんなく散らしてくれ。

そして、次なる欲求は、

 

「休憩したい。ご飯食べたい」


お遍路小屋というものがこの辺りには全くないので、道沿いにあった小さな公園で休憩タイムです。

 

f:id:iechiko:20210818171439j:plain

・・・パンダ、こっち見てる。(半分目消えてるけど)


屋根欲しいな・・・

 

パンダと見つめ合いながら、先ほどトイレ借りたサークルKで買ったおにぎりを。

朝から歩き始めること早5時間。

足の裏が痛くなってきました。

 

f:id:iechiko:20210818171443j:plain

加えて、手。

リュックを背負ってるおかげで肩からの血流が悪くなり、むくみまくりです。


節の数おかしい。

ある意味、張りのある指になってますが。
しばし靴を脱いで、足を揉んだり、手を揉んだり、多少血を流したところで、またまたリュック背負って再スタート。

 

54番 延命寺までの道のりはまだまだ。おにぎりパワーで頑張ろう。(続く)

 

私が旅の間愛用していたガイドブックはこちら。

納経帳とほぼ同じサイズで、サブバックに収まります。

地図と各お寺の案内が書かれてるので、一冊あるととても便利。