えちこの旅ブログ

えちこの旅ブログ

知的好奇心のおもむくままに

MENU

【女一人歩き遍路】第6回目2日目 39番 金剛福寺への道 お宿「ロッジカメリア」

※この記事は、2015年9月~2019年4月まで3年半かけて歩き遍路をした記録です。情報などは当時のものなので、現在と変わっていることがあるかもしれません。ご了承ください。

 

2017年3月23日

 

2日目。

6時15分 起床。

6時半 朝ごはん。

f:id:iechiko:20210731102246j:plain

朝ご飯も、ちょっとずつ色んなもん食べれるメニューでした。

かまぼことたくあんに、こんな大きなお皿使ってくれなくていいのに。

残念ながら、空は曇天・・・大丈夫かなー

 

7時40分 お世話になったお宿を出発!!

 

目指すは39番 延光寺

 

f:id:iechiko:20210731102250j:plain

この看板、大きくて遠くからも見つけられるし好きなんですが

徳島では頻繁に見かけたのに、高知・愛媛とどんどん見なくなりました。

距離表示、無くなってら・・・

 

38番 金剛福寺までは遍路最長距離の約85キロ

続く38~39番間もなかなかの距離、約62キロです。

ずーっと歩いてる方は、85キロかけて一つ、次にまた62キロかけてもう一つ。

高知は面積が大きいですが寺数は少なく、それすなわち一つ一つのお寺の距離が長くなる訳です。

 

なお、この38~39番への道のりは、かなり色々なルートがございます。

f:id:iechiko:20210801101259p:image

 

私が選んだのは、足摺岬を向かって右側に沿って歩くルート。

これは、37~38番へ向かう遍路道でもあるので、いわば歩いてきた方にとっては途中まで来た道を戻るルートになります。

なので、このルート沿いにある遍路宿には行きと戻り、2回同じとこに泊まる方も多いよう。

 他には足摺岬の向かって左側(東西南北分からないので、このような書き方になってすいません。でも、この方が分かりやすと思うんだ。うん。。。)を行くルートもあります。

 

そこからもいくつかルートが分かれてたりして、一番多種多様なルートがあるんじゃなかろうかと。

私は、中でも最も短いルートを選択。それでも60キロ以上ですからね。

(あれ、グーグルで経路表示したら53キロになってら)


もちろん、この距離を1日で歩くなんて無理。

今日はお寺一度も参拝することなく、ただただ歩く日です。

長距離をなんやかんやですっ飛ばしてきたので、ここに来てようやく一度もお寺に寄らない日がやってきました。

 

f:id:iechiko:20210731102254j:plain

海が見えてますが、残念なグレー色。

他の方のブログで、すごく綺麗な海を見ながら歩ける・・・という記事を読んで期待してたので残念。


昼から雨予報なんですよねー。宿に着くまでもってくれるといいなー。

気温ですが、前日海沿いの風が冷たくて、ウルトラライトダウン家に置いて来たこと後悔してましたが、思ったより寒くありません。

県道27号線を行きます。

 

f:id:iechiko:20210731102307j:plain

県道を歩いていたと思いきや

f:id:iechiko:20210731102315j:plain

しばらくするとこんなほっそい道になったり。

しかし・・・人いないなー

鵜ノ岬展望台というところに着いたので、眺めてみました。

 

f:id:iechiko:20210731102324j:plain

うん、なかなかかっこいい岬の景色。

 

f:id:iechiko:20210731102333j:plain

ちなみに今ここ。

おじさん、海に立って釣りしてますがどういう技の持ち主ですか。

 

f:id:iechiko:20210731102337j:plain

道の途中にあったこちらのトイレ、綺麗でした。

この後、しばらくなかったのでここで行っておいて良かった。

このトイレ問題は、何度も書いてますがホントお遍路する上で結構な重要問題です。

 

f:id:iechiko:20210731102346j:plain

大浜トンネル手前を左へ。

 

この後、中浜というエリアに。

こちら、昨日銅像を見たジョン万次郎さんの出生地。

という訳で、小さな集落ですがとにかく万次郎さん押しです。

 

f:id:iechiko:20210731102350j:plain

小学校には似顔絵(多分)

 

そして、防壁沿いにずらっと、万次郎さんの生涯が描かれています。

歩きながら、万次郎さんについて学べる素敵なルート。

ジョン万次郎って、なんとなく名前ぐらいしか知らないわという方でも、ここに来れば大丈夫。(Wikipedia師匠で調べた方が俄然早い)

 

まぁでも、せっかくここに住まわれてる方が万次郎さんをアピールするために作られたのでご紹介していきましょう。

(思いのほか、絵が多かったので長いよ。)

 

中浜万次郎物語、始まり始まりー


 


家計を助けるため、14歳という若さで漁に出ることになった万次郎さん。

 

f:id:iechiko:20210731102416j:plain

ある日、漁の船が足摺沖で遭難してしまいます。


漂流の後、命からがら南海孤島に漂着。

 

f:id:iechiko:20210731102425j:plain

約4か月弱もの間、無人島で生き延びる。

生命力、半端ない。

1週間無人島でゼロ円生活とかいうレベルじゃない。


その後、通りがかった米国捕鯨船に救助される。

 

f:id:iechiko:20210731102433j:plain

捕鯨船での生活開始。

 

f:id:iechiko:20210731102437j:plain

仲間はホノルルで途中下車。

万次郎さんは一人残り、捕鯨船生活を続ける。

クジラ、見つける。

 

f:id:iechiko:20210731102441j:plain

「万次郎、よくやったー」

 

f:id:iechiko:20210731102445j:plain

アメリカ本土で10年間生活をつづけた万次郎さん。

沢山お勉強して、副船長にもなりました。

 

f:id:iechiko:20210731102450j:plain

一度、日本の船に話しかけるも日本語できず断念。

その後、沖縄へついに上陸。

 

f:id:iechiko:20210731102454j:plain

実に11年と10か月ぶりに母と再会。

今の時代なら、国際電話なりインターネットなりで海外とすんなり繋がりますがこの時代、どだい無理な話で。

戻った仲間から万次郎のこと聞いてたんですかね、お母さん。

(ってか、そもそもホノルルで途中下車した仲間はその後、ここに戻ったのでしょうか・・・)

そうじゃなければ、海の事故で息子は亡くなったと思ってたはず。

立派になった息子を見て、さぞ感動したことでしょう。


そして、この後、万次郎さんは日本で英語の先生となり、多くの若者に海外の新しい考え方を教え71歳でこの世を去りました。


ジョン万次郎という名は知ってましたし、漂流してアメリカで生活して、日本に戻って来た人ということも知ってたんですが、私てっきりアメリカに流れたのかと思ってました。

よく考えたら、んな訳ないか。距離的に。

 

世界が今よりも、ずーっとずーっと遠かった時代。

日本が鎖国をしていた時代。

わずか14歳で遭難するわ、異国人の船に拾われるわ、そのままアメリカ本土まで行って勉強しちゃうわ、いや、この人の運命凄すぎるやろ。

私やったら、無人島の時点で心折れてるわ。

ほんで、捕鯨船で船酔いの毎日で、完全に精神参るわ。

(その前に、漁そのものに出れん)

 

相当努力もされたのでしょうが、そもそもきっとかなり頭のいい方だったと思われます。

遭難していなければ、一生貧しい漁師生活で、歴史に名を遺すこともなかったかもしれません。

【神様は乗り越えられる試練しか与えない】という言葉通りの人生を歩まれた方だなーと感銘受けながら、私のお遍路は続きます。

でも個人的にこのセリフはあんまり好きじゃない。神様がいるならば、そもそも辛い試練は与えないでって思う。

 

ジョン万次郎さん物語を一枚一枚写真に収め、じっくり読み進める私はさぞ熱心に写ったのでしょうか。

地元のおばあちゃんが満面の笑みで

頑張ってねー

とエールを送ってくれました。

  

万次郎さんの苦労を想えば、舗装された道を歩くことなんて楽なもんですよ。

(って、この時は思ったけど、すぐまたしんどいなーと愚痴たれる)

 

f:id:iechiko:20210731102458j:plain

この後、狭い遍路道を入って、出て、そこで私は歩き遍路道を見失います。

 

f:id:iechiko:20210731102503j:plain

この直後。

ってか、工事中のコーンしてある内側に私いたからね。

どうなってんだい、この道。

見つけた矢印は、歩いてきた足摺岬の38番に向かう道で、それに従ったら戻っちゃう。今までの時間、無かったことになっちゃう。

 

f:id:iechiko:20210731102507j:plain

なので、土佐清水市街地と書かれた方へ27号線をずーっと行くことにしてみました。

このように、高知県ではしばし道案内を見失い、道が分からなくなることがあります。

んー、どこかでショートカットできるはずだったのですが、結局道沿いに大回り。

 

f:id:iechiko:20210731102515j:plain

という訳で、大回りになろうが焦らず一歩一歩、歩くのみ。

さすれば、いずれ道は繋がっている。

(実際にはこれ、車のドライバーさん向けのメッセージでしょうが。)

 

f:id:iechiko:20210731102520j:plain

はい、無事遍路道に合流。パチパチ。(裸で胸叩く音)←まさかの大阪名物パチパチパンチ。

 

延光寺までまだ47.4キロもあります。

フルマラソンより遠い。

私の全ての距離感は、フルマラソンが基準です。

 

f:id:iechiko:20210731102528j:plain

鹿島公園というところに隣接していた黒潮市場にてトイレ&小休憩。

この後、スーパーやローソンが出てきてちょっとだけ栄えます。

でもまたすぐに何もない県道になります。

 

f:id:iechiko:20210731102536j:plain

位布利トンネル突入。

トンネル歩くときは、歌うたいがち。

車の音が響いて一切声が周りに聞こえないし。

(そもそも周りに人いないんですけど)

 

ただ前から車が来るときは、歩道歩いてるやつが口パクパクしてると気持ち悪いかもと一瞬やめます。別に誰も見てないかもですが。一応の気遣い。

ちなみに、3月下旬だったのでこの時はやたら松たか子さんの明日、春が来たらを歌ってました。

 

f:id:iechiko:20210731102541j:plain

大阪・海遊館 位布利センター

ジンベエスイム

マンボウスイム

 

気になります。とっても気になります。

ジンベエや、マンボーと泳げる施設なのでしょうか????

あと、じんべえ市というのは、ジンベエが出回ってる市場のことでしょうか??

気になりますが、寄り道することもできず真っ直ぐ進みます。

 

雨降が降ってきました。傘持ってきてません。

ゴアテックのフードかぶります。

ザックカバーありません。荷物、濡れるがままです。

6回目ともいうのに装備が甘いです。

 

遍路道案内に導かれるまま歩いていると

f:id:iechiko:20210731102554j:plain

海岸へ向かう道。

下の方に無造作に置かれた矢印に関しては、もはやどこをどう指してるのか分かりません。

この下りが結構急でして。道というか、石ゴロゴロの下りを滑るように落ちていきました。

 

f:id:iechiko:20210731102558j:plain

辿り着いた大岐海岸。

初の浜辺遍路道です!!

 

・・・えっと

( ˘•ω•˘ )

 

ところで、道はどこでしょうか。

f:id:iechiko:20210731102603j:plain

とりあえず、先人の足跡を辿ることにしました。

 多分、私の前を歩いて行ったお遍路さんの足跡。

もしかしたら、単に犬の散歩とかさせてた住民の方の足跡かもしれんが。

 

f:id:iechiko:20210731102611j:plain

ご覧の通り誰もいませんので、とりあえず歩いてみるしかありません。

まぁ、方向的にはこっちしか行きようがないし。

 

晴れてたら、海辺に座って休憩したいとこですが、地面濡れてますしそういう訳にもいきません。

雨の歩き遍路、休憩することの難易度がぐんと上がります。

 

f:id:iechiko:20210731102627j:plain

ほっそい橋(というか、単なる板)を渡る。

 

f:id:iechiko:20210731102631j:plain

国道に出ました。

靴ん中、砂たっぷり。

 

f:id:iechiko:20210731102640j:plain

どっちやねん、の矢印。

37→38番へ向かうお遍路さんもこの道を通るためこのような表示になってるんだと思う。

 

f:id:iechiko:20210731102648j:plain

国道から外れた道が遍路道だというので、こちらへ入ってみました。

 

f:id:iechiko:20210731102701j:plain

39番延光寺への案内、うっすうす。

矢印、消えてます。

 

この道を左手側に行く矢印もありますが、そっち行くと山道に続いているっぽくて。

このタイミングで山道じゃねーだろ、と。

私の手元にある地図では、ずっと国道を歩くようなっているので結局また元々歩いていた道に戻りました。

なんやったんやろ今の道。

 

このあと、「久百々(くもも)」や「いさりび」といったこのルート上で泊まる宿を探してる時に目にしたお遍路宿を通過。

これらに泊まろうかとも思ったんですが、もう少し2日目歩いておきたかったので、先にある宿にしました。

この時点でまだ14時前とかだったんで、先の宿を選択しておいてよかった。

 

昨日の足摺岬や、駅前など観光客やビジネスマンも泊まる場所なら宿の選択肢は沢山あるんですけど、こういう何にもないとこは、「遍路宿」と呼ばれるお遍路さん用に用意してくださっている宿に泊まることになります。

それもあちこちにある訳ではないので、宿を中心にルート探すこともしばしば。

日々のルートを考えるの結構大変です。

過去にお遍路された方のブログなんか色々参考に、いつも宿探ししてます。

38番へ向かうお遍路さんと数人だけすれ違い、14時10分、今夜のお宿

ロッジカメリアさんに到着!!!

 

f:id:iechiko:20210731102705j:plain

一見すると、宿というより普通のお宅のような外観。

 

ここに決めた理由は立地もありますが、そのお値段。

1泊たったの3,000円なんです!

早い時間の到着にも関わらず、(一番乗りでした)「雨の中、お疲れ様ー」と温かく出迎えてくださいました。

靴やカバンも拭いてくださいました。ありがたや、ありがたや。

お部屋はこんな感じ。

 

f:id:iechiko:20210731102713j:plain

寮の一人部屋、みたいな。(住んだことないので、完全なイメージ)

 広くて綺麗。

 

 最初に、明日の朝ご飯用にとパン(3つも!)とお菓子、温かいお茶をいただきました。

 

f:id:iechiko:20210731102718j:plain

f:id:iechiko:20210731102722j:plain

玄関入ってすぐのとこにある共有スペースに、コーヒー、お茶、紅茶、ちょっとしたお菓子(おせんべいとか)が置いてあって、ご自由にどうぞ、とのこと。

お遍路さんの必須アイテム、お線香&ろうそくもありました。

 

早速お風呂を沸かしていただき、一番風呂ゲットー。

お風呂は普通の家庭用サイズですが、もちろん毎回お湯入れ替えしてくださいます。

雨で冷えた体が温まるー幸せー

 シャンプー類完備。ありがたく使わせてもらいます。

なんせ、ポーチの中でボディソープの蓋が開いてて、ほぼこぼれた上に、ポーチん中ベッタベタになってましたからね。地味に最悪。

 

洗濯機も無料で使えます。洗剤もどうぞご自由に。

 家庭用洗濯機なので、乾燥機で完全には乾きませんが、部屋にラックがあるのでそこに干せばok!

 

鍵は内鍵なし、寝間着などはありませんが

 

f:id:iechiko:20210731102726j:plain

夜ご飯にカレーもつきます。

レトルトですけど、充分です。間違いない美味しさです。

サラダ&果物ついてるし。

 ベッドのマットレスも快適で、テレビもあります。

 

これでたったの3000円!!

超良心的やしませんか????

1泊素泊まりの小汚いビジネスホテルでも、倍ほど値段しますよ、普通。

 
お風呂のあとは、ネットしたり、本読んだり、ちょっと寝たり、ご飯食べたり・・・

 こちらのお宿、3部屋しかありません。

ホームページはなく、電話予約のみ。

この安さと綺麗さが口コミで広まり、なかなか人気のお宿なので泊まられる方はお早めにー。

f:id:iechiko:20210731102710j:plain

電話番号は、こちら。

なお、2021年8月1日現在ネットで検索したところ「臨時休業」と出ていました。

ご利用の際は、事前確認をお忘れなく。(価格も2017年3月時点のものなので、現在と異なってるかもしれません。ご了承ください。)

 

私が旅の間愛用していたガイドブックはこちら。

納経帳とほぼ同じサイズで、サブバックに収まります。

地図と各お寺の案内が書かれてるので、一冊あるととても便利。

 



















 

 

【女一人歩き遍路】第6回目1日目 38番 金剛福寺

※この記事は、2015年9月~2019年4月まで3年半かけて歩き遍路をした記録です。情報などは当時のものなので、現在と変わっていることがあるかもしれません。ご了承ください。

 

2017年3月22日

 

2015年秋から始めたお遍路の旅、6回目を迎えました。

前回、37番岩本寺で終わっていたため、6回目は38番金剛福寺からのスタートです。

 

ちなみに、この37番~38番間がお遍路一距離が遠く約85キロあります。

がっちり歩くと3~4日はかかる距離です。

 

えっと。

 

例のごとく、ワープします。

こういう長い距離をなんだかんだマイルール(新たに遍路旅をスタートする時は、前のお寺からではなく次の寺まで公共交通機関で行く)により、だいぶすっ飛ばしてます。

歩き遍路旅とか言いながら、歩いてなくてすいません。(私、このルールにより定期的に謝ってる気がする。)

新大阪からまずは岡山駅まで新幹線。

 

 

岡山で、特急南風に乗り換えます。

 

f:id:iechiko:20210727210212j:plain

多分、もう4~5回乗ってるアンパンマン列車。

戸田恵子さんが車内アナウンスしてくれます。(アンパンマンな)

 

これで、終点の中村駅まで約4時間半。・・・なっげ。台湾行くより時間かかる。

 

13時24分中村駅到着!!

中村高校 選抜出場おめでとー!

f:id:iechiko:20210728120930j:plain

南風、端から端まで乗りました。

ここから、まだ移動です。今度はバスに乗りかえ目的地、足摺岬を目指します。

バスで1時間40分かかります。

 

スタート、遠いよー。


車中から、歩きお遍路さんの姿がちらほら見えました。

自分ももうすぐあの方たちの仲間入り。正直、毎日荷物背負って長い距離歩くのはしんどくて、遍路旅って出発するのが億劫になったりもします。

でも、こうやって歩いてるお遍路さんの姿を見ると、ようやく自分の中でもスイッチが入るというか、ワクワクしてくるというか、もはやここまで来てしまったのでやるしかないという気持ちにもなります。

ってか、皆さん遍路最長距離を歩いてるんですよね。すげーよー

 

途中から、足摺岬の左側?(東西南北は分からん)を走り、細い道をくねくね行くバス。

幸い、外の景色を楽しんでいたので酔わずに済みました。

すれ違うことも不可能な細い道を走る。後半、進行方向右側はずっと海。

道細いからね、すぐそこ崖なのよ。下、海なのよ。

 

・・・泳げるから最悪大丈夫か。(そういう問題じゃない)

 

15時24分、6回目お遍路のスタート地点である足摺岬到着しました!!

(宿泊先は、一駅手前で降りた方が近かったのですがちゃんと調べてなかったので、終点まで乗ったら戻る羽目に・・・)

 

まずは、今夜の宿泊先に大きな荷物を置いて身軽になって参拝です。

f:id:iechiko:20210728121237j:plain

足摺岬は、お遍路さん以外も来られる観光地でもあるので宿泊施設は沢山あります。

こういうとこは、泊まる場所に困らないので非常にありがたい。

そんな中、宿泊したのは、シーサイドin福山 さん。

福山という名前につられてという部分も多少あり・・・

(小学生の頃から福山雅治さんのファン)

お宿の紹介はまた次回。

 

とりあえず部屋に荷物どさっと降ろして、さっさと出かけます。

腰降ろしたら、そのままだらっとしちゃいそうですから。

今まで乗り物乗ってただけですけど。

金剛福寺までは歩いてすぐの距離。

f:id:iechiko:20210728120948j:plain

万次郎足湯なるものがありまして。

こちら、太平洋を眺めながら足湯に浸かれるということで、私が持ってるガイドブックにも載ってたんですけどね。

残念ながら私が訪れた水曜日、定休日でした。ざーんねん。

そして、ここで私は一つのミスに気付く。

3月下旬。

大阪より南の高知。まぁ、寒さマシかな、荷物少しでも軽くしたいな、とユニクロのウルトラライトダウンを置いてきたのです。(上着に山用のゴアテックのジャケットは着てます。)


でも、思ったより風が強くて、結構冷えます。海が近いこともあるのかもしれないけど。

明日から海沿い歩くよね。あれ・・・大丈夫かな。

こういう時に荷物にならない為のウルトラライトやのに。あれ。失敗してる?


と、ブツブツ心の中で後悔しながら到着。


38番 金剛福寺

 

f:id:iechiko:20210728120958j:plain

最南端の札所。

境内は広く、12万㎡あるそうです。

って、自分で書いておきながら全くピンときてません。

どれぐらいの広さ?(だから12万㎡や)

 

f:id:iechiko:20210728121003j:plain

 

f:id:iechiko:20210728121008j:plain

 

f:id:iechiko:20210728121012j:plain

すっげー赤い。

 

 

f:id:iechiko:20210728121021j:plain

本堂

 

f:id:iechiko:20210728121031j:plain

大師堂

 

f:id:iechiko:20210728121016j:plain

本堂前にある大師亀

 

弘法大師海上で修行したときに、ウミガメの背中に乗って海を渡ったという言い伝えに基づくものです。

それは、もうあれですよね。

浦の島太郎的な話ですよね。

願いを念じながら頭を撫でると幸運が訪れるそうです。みんなこぞって撫でてるんでしょうね。

一際頭テッカテカ。

 

f:id:iechiko:20210728121057j:plain

こちらの多宝塔は、源氏一門の多田満仲が建立したといわれ、この多宝塔の後ろには平安時代歌人和泉式部が自らの髪を供養した逆修塔(生前に建てる供養塔)があるそうです。

 

肝心の、その塔の写真がありません。完全に見落としてました。

 

今日参拝するのはここだけ。時間はたっぷりあるので、足摺岬に行ってみましょう。

足摺岬は、高知を見た時に向かって左側に位置するとんがってる部分。

ちなみに、反対側のとんがってる部分は室戸岬

高知を持つ時は、室戸岬足摺岬を掴んで持つのがいいと思います。

室戸岬には、24番の最御崎寺があります。

ちなみに、室戸岬を歩いたのは去年の6月のことでした。

iechiko.hatenablog.com



f:id:iechiko:20210728121107j:plain

足摺岬に行ったら、背中で語る男がいたんですよー

 

f:id:iechiko:20210728121112j:plain

男は黙って仁王立ち。

中浜万次郎さんでした。

日本名の苗字だとあまりピンときません。

【ジョン万次郎】の名前の方が、馴染みがあるかと思います。

 

この近くがジョン万次郎生誕の地ということで、この辺一帯かなり万次郎押し。

今後もちょいちょい万次郎さん出てきます。

展望スペースのようなところがあったので上ってみました。

 

f:id:iechiko:20210728121117j:plain

いい眺めです。

海も綺麗。風は結構あるのですが、お天気がいいので水平線も美しい。

 あちらの灯台は、約80mの断崖の上に建っておりまして、灯台自体は約18メートル。

1914年に初点灯されたそうです。なんと100年間もここで海を照らしているんですね。

 いつもありがとうございます。(一度も直接恩恵受けた事は無いが)

 

f:id:iechiko:20210728121126j:plain

四国最南端の目印

「最高」とか「最北」とかとにかく「最○○」って付いてると、何か「お~っ」てなる。

何の「お~」だかよく分からんが。最も南だから何なんだと言われたら、何でもないねんけど。

 

向こうに見えている灯台の方にも行けるようなので、行ってみました。

この足摺岬には、弘法大師ゆかりの伝説も残る【足摺七不思議】なるものがありまして。

道中、それらのゆかりの場所が。

 

一つ目 地獄の穴

f:id:iechiko:20210728121201j:plain

 

f:id:iechiko:20210728121206j:plain

この穴が、金剛福寺まで通じているというもの。

とりあえず、小銭落としてみた。

 

チリン チリン (落ちていく音)


・・・(´・ω・`) で?

 

二つ目 大師の爪書き石

 

f:id:iechiko:20210728121211j:plain

弘法大師が爪で「南無阿弥陀仏」と彫ってるそうです。

 

・・・(´・ω・`) よく分からんかった。


以上。

 

あとの5つどこー?

 

f:id:iechiko:20210728121215j:plain

灯台の近くまで来てみましたが、別に中に入れたりするもんではありませんでした。

 

f:id:iechiko:20210728121223j:plain

周辺地図がこちら。

七不思議はちゃんと赤丸印で書かれてました。

近くにあったんじゃん。なんで気付かなかったのかしら・・・

 

f:id:iechiko:20210728121232j:plain

宿へ戻る途中、にゃんこに会いました。

お遍路してると、ホントよくにゃんこに出会います。

 
戻ると、すぐに「お風呂湧いてますのでー」と言ってくださったので、早速お風呂。

ま、全く歩いてないので汗もかいてないし、疲れも全くないんですけど。

お風呂は家庭用サイズでした。バスタオルはありませんが、フェイスタオルが2枚あるので十分。

 

お部屋はこんな感じ。

 

f:id:iechiko:20210728120934j:plain

和室はあらゆるところに荷物をほっぽりだせるので大好きです。

(綺麗な状態で写真は撮りました。このあと、見事に一瞬にして荷物が広がりました。手品です、まるで。)

 

f:id:iechiko:20210728120938j:plain

おかきとお茶のセット。おもてなし。

 

f:id:iechiko:20210728121241j:plain

ドライヤーと合わせて、双眼鏡も置いてありました。

海眺めてね、ってことでしょうか。

 

覗かなかったけど・・・

なんだろ、普通に窓から双眼鏡使うって・・・ちょっと・・・変質者っぽいというか・・・なんというか・・・抵抗が。

 

f:id:iechiko:20210728121246j:plain

夕飯タイム。

この日、宿泊者は私だけでした。

 

f:id:iechiko:20210728121255j:plain

ぽつーん。

  

こういう時、私のためだけに働いてもらって申し訳ないな・・・と思うんですが、お宿サイドからしたら一人でも泊まってもらった方がありがたいと思うもんなんでしょうか。

 

おばあちゃんが作ってくれた和洋折衷、ちょっとずつ色々楽しめるご飯はボリュームも満点。

ちゃんと口コミ見てなかったんですけど、改めて見たら評価高いお宿でした。

19時以降に到着したら、夕飯準備できないそうなのでご注意を。

 

f:id:iechiko:20210728121251j:plain

絶賛クリスマスのディスプレイ見ながら、美味しくお腹いっぱいいただきました。

 

3月だけど、メリークリスマス。


部屋に戻って、FNSなんぞ見ながらしばしダラダラ。

さぁ、明日から本格的な歩きお遍路がスタートです。

 

今回お世話になったシーサイドin福山さん。楽天トラベルのページはこちら。

シーサイドin福山

 

私が旅の間愛用していたガイドブックはこちら。

納経帳とほぼ同じサイズで、サブバックに収まります。

地図と各お寺の案内が書かれてるので、一冊あるととても便利。

2021年度版 Amazonプライムビデオ おすすめアメリカドラマ6選

元々、数年前からほぼ毎晩Amazonプライムビデオで海外(ほぼアメリカ)ドラマを見ていたのですが、この1年は自粛続きで週末も家にこもる日々が続き、更に見る時間が増えました。(ちなみに、Youtube視聴時間も相当伸びてる)

 

今回は、Amazonプライムビデオで私がおすすめするアメリカドラマをご紹介したいと思います。

【おもしろポイント】と合わせて【残念ポイント】も紹介。

(残念ポイントが多い=イマイチという訳ではなく、面白いからこそ「ここはちょっとな~」というポイントも出てくるということで。)

注:配信情報は2021年7月末現在のものです。プライムビデオは定期的に内容が入れ替わるので、ご注意ください。過去に私がプライムで見て、今見れなくなっているものも多数あります。

 

・そもそも、プライムビデオとは?

Amazonプライムビデオは、Amazonのプライム会員の方なら追加料金なしで見ることができるアマゾンの動画配信サービスです。

Amazonプライムの会費は、年会費4,900円(税込)もしくは月額500円(税込)

迅速な配送や送料無料などの荷物配達に関するサービスに加え、プライムビデオやプライムミュージック、プライムリーディングなどの特典が多数あります。おまけがおまけじゃない。

むしろ、おまけが主役(配送サービス)を食ってるビックリマンチョコスタイル。

詳しくはこちらをクリック

www.amazon.co.jp

 

すなわち、月額500円(年間契約なら、400円ちょい)で、プライム特典のビデオなら見放題なわけです。動画配信サービスは多数あり、気になる作品もあるので「Amazonで見たいの全部見終わったら、他のサービス契約しよ」って思ってるんですが、そもそもアメリカドラマシーズン長いの多いし、定期的に新しい作品出てくるから、一向に見終わらない。

※プライム特典のビデオは、ビデオ上部に「prime」の表記があります。prime表示のないものは、別途視聴に際し追加料金が発生します。

Amazonプライム会員への登録はこちらから。初月30日間は無料です!

Amazonプライム会員に登録する

 

前置き長くなりましたが、私がおすすめするアメリカドラマです。

順位をつけるのは難しかったので、ざざっと選抜しただけになりました。

※シーズン数は投稿時にプライムビデオで視聴可能な数を記載しているため、実際のシーズン数とは異なっている場合があります。

 

ゲーム・オブ・スローンズ(全シーズン8)

ゲームオブスローンズ

f:id:iechiko:20210724104848p:plain

(引用元:Amazonプライムビデオ

 

アメリカドラマの代表とも言える(と私は思ってる)こちらのドラマ。

正直、ドラマでこのスケール感は日本ではあり得ない。

各国の貴族たちが王の地位の覇権を巡り、権力争いを行う物語。ただの権力闘争ではなく、ドラゴンや死者もその争いの中に登場。ダークファンタジーという今まであんまり見て来なかったジャンルですが、ドハマりしました。

★おすすめポイント

・とにかく世界観が凄い。壮大な映画をずーっと見続けられる感じです。

・キャラクターが一人一人濃い。ムカつくやつはとことん腹立つ。でも、必ずお気に入りのキャラが見つかるはず。

・オンライン英会話で「海外ドラマ見るの好き。ゲームオブスローンズ好き。」って言ったら、ほぼ90%の確率で「me too!!」って言われます。で、そのあと「誰が好き?」「最終話どう思った?」って話で盛り上がれるので、海外の方との共通話題の一つとして、見ておいて損はなし。

 

★残念ポイント

Amazonプライムでは、最終シーズンの手前のシーズン7までしか見れません。

(シーズン8は1話300円で購入視聴可能。Huluならシーズン8まで見れるみたいです。)

・余りにも期待値が高かったこともあるのか、最終シーズンの評判がかなりいまいちです。正直、自分も「ん~・・・」でも、だからと言って、どうなったら大満足だった?と言われても「ん~・・・」

・キャラクターとそれらの王国、関係性がかなりややこしい。相関図をネットで見つけて、それと照らし合わせながら見ることをお勧めします。特に前半、おじさんたちが全員同じに見えて誰が誰やら。

  

②SUITS(スーツ)(全シーズン9)

 SUITS(スーツ)

 

 

f:id:iechiko:20210724154511p:plain

 (引用元:Amazonプライムビデオ

 日本でもドラマ化されたこちらのドラマ。

「ハーヴィーが織田裕二?」と思って日本版は見てません。

弁護士資格はないけれど、頭めっちゃいい!というマイク・ロスが主人公ハーヴィー・スペクターの事務所に入るところから物語は始まります。

法律事務所が舞台のドラマですが、終始事務所がごたついてます。むしろ、依頼人弁護よりも、その事務所ゴタゴタがメインじゃね?って思うほどです。

ちなみに、このドラマのキャラクターのレイチェル役を演じているのが、イギリス王室ヘンリー王子と結婚したメーガン妃。ちょうど結婚が報道されたときにこのドラマ見てたんで「えぇぇぇ!!レイチェルやーん!!」と密かに衝撃受けました。

 

★おすすめポイント

・主役のハーヴィー&マイクももちろんいいんですが、個人的に脇役のキャラがいい。特にルイス。顔も濃いけどキャラも濃い。イラっとすることもありますが、なんかずっと憎めない。

・企業向け法律事務所ということで、アメリカビジネスの世界が見えます。(まぁ、実際アメリカ企業で働いたことないんで、こんなんドラマの世界だけなんかもしれませんが)

「bullshit」って英語、覚えられます。(マジで何回言うねんって言うぐらいみんな言うてる。)

 

★残念ポイント

・主要メンバーが後半事務所からいなくなる。

・弁護シーンとか、事件解決を重厚に扱った法律ドラマを求めるとちょっと違うってなる。最初にも書いたけど、事務所でずっと職員たちが「やんややんや」してる。

(これがおもしろい!と感じられたら好きになると思います。)

 

 

③NSIC ネイビー犯罪捜査班(シーズン17 継続中)

NCIS ネイビー犯罪捜査班

 

f:id:iechiko:20210724164335p:plain

(引用元:Amazonプライムビデオ

人気がなかったら打ち切られてしまうアメリカドラマの世界で、2021年シーズン19を迎える長寿ドラマ。(プライムビデオで現時点で見れるのはシーズン17まで。)

アメリカ海軍やアメリ海兵隊が関わる事件を調査する海軍犯罪捜査局(Naval Criminal Investigative Service,略称NCIS)の活躍を描く犯罪捜査ドラマ。

NCIS本部のこちらの作品は、ワシントンDCが舞台です。

 

★おすすめポイント

アメリカ国内にとどまらず、事件の規模が世界(実在する組織絡み)に広がることもあり、スケールが大きくて見ごたえあり。

・大体の事件が1話完結なので、ズルズルダラダラ感はなし。

・NSICチームメンバーが多数いるので、お気に入りキャラが見つかる。(私は検視官のダッキー&ジミーが好き。)

・シーズン17。各シーズンのエピソードは大体24話程度。見ごたえたっぷり。

 

 ★残念ポイント

・シリーズが長いこともありますが、キャラクターの入れ替わりが結構激しめ。好きなキャラがチームからいなくなると残念です。

・NSICに限ったことじゃないですが、アメリカドラマの犯罪もので出てくるdead bodyは結構グロめであることが多いです。もちろん作り物ですが、そういう映像が苦手な方はしんどいかも。

・シリーズ長いのは良さでもあるんですが、いざ見始めるにはハードルとなる場合もあるかも。

 

④NSIC:LA~極秘潜入捜査官(シーズン11 継続中)

 NSIC:LA~極秘潜入捜査官

f:id:iechiko:20210725111105p:plain

(引用元:Amazonプライムビデオ

 

③で紹介したNCSIのスピンオフ。こちらの舞台はロサンゼルス。

本部に比べオフィスもキャラの服装もカジュアル。(取調室、海の上やし)

キャラのノリも、私個人的にはこっちのLAの方が本家よりも好きです。

 

★おすすめポイント

・チームメンバーが数シーズン単位で入れ替わる本家と違い、LA捜査員4名のメンバーは変わらず。紅一点ケンジーがかっこよくて大好きです。足長い。ただただ羨ましいスタイル。コンビのディークスとの掛け合いも面白い。

・本家NCISよりもアクション多め。全体的にみな動く。そしてとにかくよく爆発しがち。

 

★残念ポイント

・管理部長役のヘティ。役者さんがご高齢ということもあるのか(1945年生まれの女優さん)シーズン11では出演回数が少なくなってしまいました。好きなキャラなので残念。

 

⑤Hawaii Five-0 (シーズン9 継続中) 

 Hawaii Five-0

 

f:id:iechiko:20210725111318p:plain

(引用元:Amazonプライムビデオ) 

ハワイ州を舞台に、州内で起こる犯罪捜査を行う特別捜査チームの話。

元々、1968年から1980年に放送されていた「ハワイ5-0」のリメイクだそうです。

NCIS同様、基本的には1話完結のため見やすいです。

2020年、シーズン10を持ってシリーズ完結となりました。

 

★おすすめポイント

・毎回、ハワイの綺麗な山・海が見れます。「ハワイ行きたーい!」ってなります。

でも、起こる事件が毎回なかなかに凶悪なんで「ハワイ怖いー」ってなります。

・リーダーのスティーヴとダニーコンビのやり取りがいい。

・チームの打ち上げ場所となっている「シュリンプ・トラック」のご飯、美味しそう。

(経営者のカマコナがいいキャラしてます。)

 

★残念ポイント

・日本のヤクザとして「アダム・ノシムリ」というキャラが出てくるんですが、「ノシムリ」っていう苗字、聞いたことないし。この他にも、日本人の役として出てくる人の苗字がちょいちょいおかしい。「山田」とか「佐藤」とか普通の名前でええやん。

  

⑥MR.ROBOT (全シーズン4) 

 MR.ROBOT

 

f:id:iechiko:20210725112526p:plain

 (引用元:Amazonプライムビデオ) 

プログラマーである主人公のエリオット。企業のIT技術者として働く裏の顔は、大企業の破滅を狙うハッカー。エリオットは精神病を患っており、ドラマ内では脳内の友人にいつも語り掛けています。現実と空想が入り交じる独特な世界観の中、世界を変えたるためハッキングに挑むエリオットたちの活動。そして、エリオットの心の世界がどういう終わりを迎えるのか、気になって一気見してしまいました。

 

★おすすめポイント

・単なるハッカーの話かと思いきや、途中驚きの展開がありさらに引き込まれました。

最後のオチも、ネタバレ見ずに見て欲しい。(展開読めたという感想もありますが、私はこういうテイストのドラマ・映画をあまり見ないからか全然読めずでした。)

・シーズン数が少なく(アメリカドラマにしては)、あまり中だるみすることなく見れます。

 

★残念ポイント

・システム系の話は、正直疎い私にはほぼ分かりませんでした。(ハッカーの話やからそこが話の一つの筋なんですが)でも、分からなくても十分楽しめます。

・「何も考えず、気楽に見たい。笑いたい」という気分には合いません。自分のメンタルもどんよりしてるときに見るには、ドラマのトーンと相まってよりトーンダウンしてしまいそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【女一人歩き遍路】第5回目4日目 37番 岩本寺

※この記事は、2015年9月~2019年4月まで3年半かけて歩き遍路をした記録です。情報などは当時のものなので、現在と変わっていることがあるかもしれません。ご了承ください。

 

2016年11月10日

お遍路4日目。

 

元々、このお遍路旅は5日間かけて次の岩本寺まで歩き、一旦打ち止めをして帰ってくる予定でした。

この日木曜日だったんですが、金曜には大阪に戻らねばならない事情ができまして、悩んだ末、結局4日目に時間短縮のため電車に乗って岩本寺まで行き、大阪へ帰ることにしました。

一旦歩きだしたら、打ち止めのお寺までは歩く、というルールを強いてはいたのですが、別に誰かに強制されてる訳でもないし、過去に雨を理由に電車に乗ったこともあるし、船も乗ったりしてるし、まぁ、いいや。

 

朝起きたら、寝すぎて顔パンパンでした。

ブスやわーと思いながら朝ごはん食べて、ゆっくりめの8時20分出発!

 

f:id:iechiko:20210727205903j:plain

今日もお天気は大丈夫そうです。

 

この後のルートですが、須崎市方面への歩き遍路道はもちろんあるのですが、私が選択したのはこちら。

昨日の宿、国民宿舎土佐で見つけたこれ。

 

{74765F01-3C39-433A-97E8-30EC0A1E96DF}

海の遍路道

 

その歴史は古く、空海青龍寺を建立した平安時代に遡り本当の遍路道は海の上、というじゃありませんか。

じゃあ、乗ろう!これで行こう!!楽だし!

 

てな訳で、青龍寺を出て、再び宇佐大橋を戻り船乗り場へ向かいます。

昨日ひどかった風も今日は収まり、歩きやすい1日です。(今日、ほぼ歩かんけど)

 

宇佐大橋を渡ったら、左へ。歩き遍路道に従います。

 

f:id:iechiko:20210727205920j:plain

 

f:id:iechiko:20210727205925j:plain

お遍路小屋を通り過ぎ、

 

f:id:iechiko:20210727205929j:plain

この外壁工事中の建物の脇、左側へ。(あれから5年。いまだに工事してることはないと思うので、コカ・コーラの自販機でも目印にしてください。伊藤園に変わってたらすいません。)

これ、武市水産という会社の建物です。

 

f:id:iechiko:20210727205933j:plain

 

f:id:iechiko:20210727205937j:plain

小さな待合室がありますので、中に入って待ちましょう。

ガラッと開けたら、奥の畳スペースでおじさんが寝てました。

おぉっと、失礼しました。

後から分かりましたが、この方が船の運転手(船長?)さんでした。

10時5分に出ますから

と言われ、出ていかれました。

私、40分も早く着いちゃったんですよね。お休みのところ申し訳なかったです。。。

 

f:id:iechiko:20210727205941j:plain

私以外に、おじさん一人と、2日ほど前からちょいちょい見かける外国人お遍路さん3人の5人を乗せて、時間通りに出航!!

 

運賃は620円です。

船の時刻表はこちらをご参考ください。

須崎市 巡航船

 

f:id:iechiko:20210727205946j:plain

内海なので、波はありません。快適、快適。


外国人お遍路さんのうち、一人の人は日本語ペラペラであとの二人に通訳をしてあげてました。元々の知り合いではなく、たまたま知り合ったのか・・・なぜそんなに日本語上手なのか・・・とか、色々聞いてみたかったのですが、完全に話しかけるきっかけを失い、無言のまま海を渡ることに。

 

せっかくの交流のチャンスを逃しました。性根は人見知りなもんで、どうもうまくいきません。


55分で横浪に到着。あー楽ちんだわ。

船を降りる時、外国人お遍路さんの一人がさっと手を差し伸べてくれました。

船内で一言も会話を交わしてないのに。あーなんて、ジェントルマン。

 

さ、ここからはしばらく遍路道を歩きましょう。

県道23号線をひたすら行きます。

 

f:id:iechiko:20210727205954j:plain

お遍路マークが発見できれば、安心。正しい道である証拠です。

 

f:id:iechiko:20210727210007j:plain

土日のみの営業。

マジで気まぐれやな。


鳥坂トンネルへ突入します。

 

f:id:iechiko:20210727210011j:plain

 

f:id:iechiko:20210727210017j:plain

白線のみの歩行者エリアは怖いー。

もう、道が無いのも同然。

まぁ、トンネル内歩いてる人間いる方が、運転手にとっては怖いでしょうが。

 

f:id:iechiko:20210727210021j:plain

トンネル抜けたら、そこには特に何もありませんでした。

 

f:id:iechiko:20210727210030j:plain

須崎市街方面へまっすぐ進むのみ。

 

f:id:iechiko:20210727210040j:plain

久々に大きな建物に出会いましたが、人の気配がありません。。。

私がこの時目指していたのは、須崎駅

そこから電車で、岩本寺の最寄り駅である窪川まで行こうとしていました。

13時13分発の電車にもしかしたら間に合うかなーと思ってたんですが、ちょっとこのペースだと厳しそう。

 

f:id:iechiko:20210727210053j:plain

踏切発見!!!

ようやく駅につながるものに出会えました。

 

f:id:iechiko:20210727210059j:plain

あとはこの線路沿い歩けば、駅にたどり着けるはず!

すると、後方からガタンガタンと音がする。

 

f:id:iechiko:20210727210104j:plain

あーん。13時13分発の電車ー。

待ってー、行かないでー。

 

だからといって、もうダッシュする気力もないので諦めます。

諦めてもいい時もあります、安西先生

実は結構前からトイレに行きたくて。でも、コンビニとか全然なくて。

駅前に行ったら多少お店とかあって、どうせ1時間電車待たなあかんし、お昼ご飯がてらどこかで休憩しよ、と思ってたんですが。

 

f:id:iechiko:20210727210109j:plain

・・・あ、あれ。駅前の風景。思ってたんとちょっと違う・・・

で、結局2時間半歩いて須崎駅へ到着。

 

須崎駅前には、名物鍋焼きラーメンののぼりがたってる店があるんで、とりあえず駅で切符買っておいてまた来ようかな、なんて思ってたら、駅から来たおばさんに

お遍路さん?

と話しかけられました。

 

 ここからおばちゃんの弾丸トークがさく裂し、一緒に駅へ入り、(おばちゃん、今駅から出てきたんやん)なんか終わらすタイミングが見つからず、そのまましばらくおばちゃんのトークにお付き合い。

 

もう6回も歩き遍路をされた方で、

 主人と1回車でまわったんだけどね、喧嘩ばっかりして全然楽しくなかったの。だからまた来月から一人で歩こうと思って

 

だそうな。

 

電車、時間まだまだあるんでしょ、じゃあ、これでも読んで待ってたらいいわ。私ちょっと郵便局行ってくるから

 

で、残された私と

 

f:id:iechiko:20210727210113j:plain

2冊の本。

 えーと、トイレに行きたいんですけど、本置いていく訳にもいかんしな。。。

 

( ̄ー ̄;

 

せっかくなので、時間つぶしに、と読んで過ごしてましたが、おばちゃんがなかなか戻ってこない。

え、どうしよう。

と思ってたら、15分前におばちゃん登場。

 

遅いからどうしようかと思ったでしょう

 

いや、ホンマに思ったわ。

でもとてもいい方で、

お接待として飲み物買ってくださいました。

同じの買って、乾杯。

70歳とのことで、そのバイタリティー見習わねば、と思わせてくれる方でした。

 

f:id:iechiko:20210727210119j:plain

おばちゃんにお礼を言って、ホームへ。14時28分発の電車で、窪川駅を目指します。

この電車、切符買う時に気づいたのですが、特急でした。

余分に特急料金520円かかりました。

まぁ、仕方ない。7分早く着いてたら間に合ったのですが、そうしたら弾丸トークのおばちゃんにも出会えなかっただろうし。これもご縁。

 

f:id:iechiko:20210727210128j:plain

あたたかいレモンティー、ありがたく頂戴し窪川駅まで。

25分で到着。電車、はやーい。

駅から10分ほどで到着。

 

37番 岩本寺

f:id:iechiko:20210727210143j:plain

 

f:id:iechiko:20210727210148j:plain

聖武天皇の勅命により、行基によって開かれた福円満寺が前身。

元は、その福円満寺が37番所だったそうですが、戦国時代に衰退したためこの岩本寺番所になったんだそう。

ちょうどのタイミングで団体さんと合流。。。お、おぉぉ。。。。

 

f:id:iechiko:20210727210154j:plain

本堂

 

この階段の下でお経上げてたら、中にいた団体客のおばちゃんの一人が「こちらへ来て一緒に」と。

断るのもあれなんで、団体さんに混じって一緒にお経をあげさせてもらいました。

こちらの本堂の天井画は、昭和53年に新築したとき一般公募されたもので、プロアマ問わず掛かれた575枚の絵が飾られています。

やったらカラフルでした。

 

f:id:iechiko:20210727210159j:plain

大師堂

 

ここでゆっくりしていられない理由がありまして。

なぜならまた窪川駅に戻り、15時51分発の電車に乗らなければならんのです。

せっかくお誘い頂きましたが、大師堂では団体さんに合わせることなく、自分のペースでお経をあげさせていただき、納経所へ。

本当はこんな時間に焦って参るのよくないと思いつつ、しゃーない。大阪帰るんだい。

 

予定通りの電車に無事間に合いました。

f:id:iechiko:20210727210212j:plain

15時51分発 南風24号。

アーンパンマン。

 

この電車、すげぇ揺れます。文字打つのも苦労するほど。文字読んだら酔いそうなほど。なので、ぼーっと外の景色みたり、寝たりを繰り返し、19時40分岡山駅到着。

 

久々に乗り物に長時間乗ったので疲れた・・・

そういや、今日、朝ごはん以来何も食べてないや、、、と気づき、岡山駅で簡単なご飯買って(弁当売り切れまくってたのよ)新大阪駅まで新幹線でビュンっと戻ってきました。

 

5回目の遍路旅はこれにて終了。

6回目のお遍路は、翌年2017年へと続きます。

私が旅の間愛用していたガイドブックはこちら。

納経帳とほぼ同じサイズで、サブバックに収まります。

地図と各お寺の案内が書かれてるので、一冊あるととても便利。

 

 

【女一人歩き遍路】第5回目3日目 35番 清滝寺~36番 青龍寺

※この記事は、2015年9月~2019年4月まで3年半かけて歩き遍路をした記録です。情報などは当時のものなので、現在と変わっていることがあるかもしれません。ご了承ください。

 

2016年11月9日

お遍路3日目。

 

朝6時に起床。

 

7時朝ごはん。

f:id:iechiko:20210727195134p:plain

7時半に種間寺へ送ってもらうことになってたので、超早食いでたいらげました。

女性の割には早食いの方ですが、きつかったよ・・・

 

f:id:iechiko:20210726201537j:plain

種間寺前まで送ってもらいました。

さぁ、今日も張り切ってまいりましょう!

逆光甚だしいですが。

 

f:id:iechiko:20210726201541j:plain110キロ弱先の清滝寺を目指します。

清々しいお名前ですね。

 

f:id:iechiko:20210726201549j:plain

そして昨日の雨のち曇天から一転、美しい青空。いい天気!!

ただ風がすごいです。ビュービューです。

そういや、天気予報で木枯らし1号がどうとか、こうとか言ってたな・・・

 

日差しもあるし、まだ高知は気温が高いので寒さはそれほどでもないですがひたすら帽子が脱げます。

(私、遍路笠買ってないので、いつも登山用の帽子被ってます。

 

風で煽られて、もはや帽子は紐で首にビーンって引っかかってるだけ状態。

苦しい・・・・首締められる・・・死ぬ・・・・

 

f:id:iechiko:20210726201554j:plain

影をパシャリ。

なんやろ、銃を持った兵士にしか見えない・・・

 

f:id:iechiko:20210726201607j:plain

35番 清滝寺

36番 青竜

仁淀川大橋渡る

の指示に従い、橋を渡ります。

 

f:id:iechiko:20210726201615j:plain

土佐市に突入!


・・・って今まで何市だったのかしら・・・

(答え:高知市

 

f:id:iechiko:20210726201619j:plain

こちらが仁淀川

 

綺麗ですねー。

なんせこちらの川、日本一の水質を誇るらしいですから。大阪の淀川さんとは大違い。

 「仁淀ブルー」なんて言葉もありますね。

ただ橋の上はますます風が強く、帽子飛ばされてあやうく川に落ちて行くところでした。あぶねーあぶねー。

一人で、「わー、帽子、待て待てー」と追いかけ、拾おうと思って前かがみになったら

リュックが重くて重心がグインと下がって、頭からこけそうになりました。

風が吹いたら、桶屋ではなく病院が儲かります。現実問題。

 

f:id:iechiko:20210726201628j:plain

何気に田んぼに目をやる。

 

・・・・ん?

 

f:id:iechiko:20210726201632j:plain

にゃんこ!!

 

稲に紛れてにゃんこ!!

 

f:id:iechiko:20210726201636j:plain

清滝寺には、くじらがいるのでしょうか。

 

f:id:iechiko:20210726201645j:plain

さぁ、上りましょう。

 

上りは1キロ弱。勾配は結構急です。

横に車道もありましたが、この道が狭くて車2台のすれ違いもできなほど。

歩くのは危険と判断し、山道を行くことに。

 この坂は流汗坂と呼ばれてるそうです。

汗、流れます、確かに。

 

34番から2時間5分で到着。


35番 清滝寺

 

f:id:iechiko:20210726201659j:plain

 

大師が杖で地面を突いた際、清水が湧き出したことからこの名が付いたそう。

 

f:id:iechiko:20210726201703j:plain

門を入って、さらに階段を上ると・・・

 

f:id:iechiko:20210726201707j:plain

目の前にドンと現れる高さ12メートルの薬師如来像。

台座も含めると15メートル。

 

こちら、胎内めぐりができます。真っ暗の中、手探りで進むやつです。

パスです。私、暗所恐怖症なんで。

何か出てくる訳じゃなくても、ただ暗いというだけで怖い。

それが暗所恐怖症。

ディズニーシーのタワーオブテラーは、高さから落ちる怖さだけではなく、暗いという理由でも怖いので、二重で恐怖体験です。お得ですね。

 

f:id:iechiko:20210726201715j:plain

薬師如来さんは、外からこうやって眺めるだけで充分。

青空バックの立ち姿、お美しいです。

 

f:id:iechiko:20210726201724j:plain

本堂

 

大師堂の写真は撮り忘れ。

 

f:id:iechiko:20210726201728j:plain

今日、晴れてて良かったーいい景色。 

向こうに見えるのはさっき通った仁淀川橋ですね、おそらく。

 

次は12キロ先の青龍寺を目指します。

f:id:iechiko:20210726201749j:plain

今日まわるのは2か所だけ。この青瀧寺で終わりです。

一旦、元来た道を戻って国道56号線へ。

f:id:iechiko:20210726201754j:plain

ここから大きな道を外れるのですが、このあたりお遍路案内が少なく、なぜか逆打ちお遍路さん向けと思われる青瀧寺ではなく、今行って来た清滝寺への案内が多かったりして非常に分かりづらかったです。

 

f:id:iechiko:20210726201809j:plain

やたらと出会う「四国のみち」の表示。

 

それは、お遍路みちですかい??【四国のみち】というのは、【お遍路みち】と解釈していいのですかい???

 

と、聞く人にも出会わないので、

そうだ、四国のみちは遍路に通ずるに違いない。

 

と、勝手な自己解釈のもと、そちら方面へ。


複数道が分かれている際に、矢印の向きが絶妙に微妙だと、

 

それは右ですか?右斜めですか?ってか、むしろ上向きなんですけど、どうしろと?飛べってか?? 

とか突っ込みたくもなりますが、これまた突っ込む人もいないので、おそらくこちらであろうと思う方面へ。

いつも通り、根拠のない勘で進んだら

 

f:id:iechiko:20210726201814j:plain

道の向こう側に案内が!!

やりました。

これも大師様のお導き・・・かしら。

この後は、ひたすら県道39号線を歩きます。

 

f:id:iechiko:20210726201833j:plain

ひたすらです。真っ直ぐです。

 

先ほどみたいに迷う場所はありません。

これといって景色が楽しい訳もなく。

人もほとんど歩いていない。

すれ違うのは、県道をいく車だけ。


・・・ひまー(これはこれで文句言うやつ)

 

そろそろどこかで休憩したいなーと思っていたころに、ちょうど塚地休憩所がありました。

 

f:id:iechiko:20210726201838j:plain

多少、ゆっくり休みたいのですが、小屋が影になっており、風が吹くとすごい寒い。

 

f:id:iechiko:20210726201842j:plain

アンパンマンの笑顔も何か切なげ。

・・・きみ、なんか肌色の部分、多くない?


この休憩所から峠越えの遍路道へ入るようですが、私は文句言いながらも県道を歩き続けます。峠しんどいもん。(どこ歩いても文句ばっか、うるさいやつだ)

足の負担をできるだけかけないように歩きます。


塚地坂トンネル

 

f:id:iechiko:20210726201852j:plainししっかり歩道があるので、歩きお遍路さんも安心です。

むしろ風が防げて歩きやすいぐらいです。

 

f:id:iechiko:20210726201857j:plain

ただ排気ガスは相当量吸い込む羽目になります。

人生で、こんなに長いことトンネル歩いたの初めて。

 

f:id:iechiko:20210726201910j:plain

県道歩いて歩き遍路道から少し外れてましたが、無事遍路道に合流。

遍路案内、手持ちのガイドブック、グーグルマップの3種を駆使し、一番最適な道を選択する術も身についてきました。5回目ともなると。

 

f:id:iechiko:20210726201918j:plain

綺麗な海を横目に眺めながら歩きます。いい道です。

 

f:id:iechiko:20210726201923j:plain

KOKO MARINA

ここ、マリーナ。


・・・まぁ、こんなシャレとか考えるぐらいしかやることないんです。

 

f:id:iechiko:20210726201939j:plain

明徳義塾

高校野球の高知代表常連校、明徳義塾!!

こんなところにあったんですね。

 

学校のグラウンドで野球部見えないかなーと思ったんですが、この後の道すがら高校にすら気づきませんでした。

地図で見る限り、遍路道沿いにあるっぽかったのに・・・・

 

f:id:iechiko:20210726201949j:plain

宇佐大橋を渡ります。

 

f:id:iechiko:20210726201954j:plain

海きれい!!いい眺め!!

と感動もつかの間、ものすごい風です。

 

ふらふらしてたら、海に投げ飛ばされそうな勢いです。こえぇ。

橋を渡り終えたあと、旧遍路道の案内がありましたが、峠越えの道だったのでまたまたパス。楽を覚えた遍路みち。

 

f:id:iechiko:20210726202017j:plain

突如南国感がすごい。ヤシの木!

f:id:iechiko:20210726202022j:plain

そろそろお寺ももうすぐ、というところで、今夜泊まる宿が山の上に見えました。

 

・・・え?

山の上?


ここで私、自分の大きな勘違いに気づきます。

青龍寺と今夜泊まる国民宿舎土佐、すごく近いと思ってました。

勝手に青龍寺は山の中腹~上の方にあって、その隣に宿があるもんだ、と。


んだがしかし、様子が違う。

どうも青龍寺は山の麓にあるようだ。

で、そっからどうやってあの山の上の宿まで行けばいいのでしょうか、私。

宿のために山登り????え、道、どうなってるんでしょう。歩くようの道とかあるのかな。

あれ、、、あれれ。。。。


いや、やめよう、とりあえず一旦考えるのはやめてお寺を目指そう。

(嫌なことは、そこそこ後回しにするタイプ)

 

高知の太陽と風をふんだんに浴びながら、35番から3時間少々で到着。

 

36番 青龍寺

f:id:iechiko:20210726202043j:plain

弘法大師が唐で密教を学んでいた寺である青龍寺を模して、日本に建てたお寺。

唐から帰国する際、無事を祈願して独鈷(仏具の一種)を投げました。

その投げた独鈷が、現在奥の院の山中にあるのを見つけ、ここにお寺を建てた、と言われています。

大師さん、砲丸投げ世界ランキング1位決定です。


そしてこのお寺、ある有名スポーツ選手にもゆかりがあります。

 

横綱朝青龍

 

高校時代、このお寺で鍛錬していたんだそう。

そう、朝青龍の名はこのお寺が由来のようです。

え、ってことは、朝青龍って明徳義塾出身?と思って調べたら、やっぱり明徳に相撲留学(初めて聞いたわ、相撲留学)してたそう。

 

朝青龍 明徳 (あさしょうりゅう あきのり)

これが正式なお名前。名前でゆかりの地を全て語っていました。

 

って、相撲好きの方にはごく当たり前の常識なんでしょうね。


山門をくぐると、

 

f:id:iechiko:20210726202053j:plain

朝青龍関が練習の場にきっとしたであろう長き階段が。

 

いやー、足腰強くするにはベストな階段ですね。

頑張って上りますよ、どすこい!!

階段上ったら、団体さんがずらっと読経中でした。

 

f:id:iechiko:20210726202105j:plain

本堂

 

f:id:iechiko:20210726202110j:plain

大師堂

参拝後、一旦納経所へ行くために下山。

 

f:id:iechiko:20210726202126j:plain

 

f:id:iechiko:20210726202131j:plain

弘法大師の恩師であった恵果和尚が祀られていたので、こちらも参拝。

すると、先ほどの団体さんご一行から

 

歩いてるの?若いのに立派、立派

とお褒めのお言葉を。

 

お遍路会では、若者扱いしてもらえます。

えへへ

と愛想笑い(ちゃんと笑え)して、御朱印頂いたあと、さて、山の上に見えた宿までどう行こうか。

先ほど下りてくる途中、山道へ行く道に奥の院 国民宿舎土佐】と書かれた矢印を見つけたので、もうその道行くしかないよね。

 

f:id:iechiko:20210726202136j:plain

てな訳で、宿に行くための山登り開始です。ここまで山道ずっと避けてきたのに。。。

10分ほどで車道に出ました。

 

f:id:iechiko:20210726202145j:plain

ここから車道の端っこを5分ほど歩いて

 

f:id:iechiko:20210726202150j:plain

本日のお宿 国民宿舎土佐に到着です!

思ったより楽に着けました。良かったー

 

f:id:iechiko:20210726202154j:plain

眺め、ええやんかいさー

 

f:id:iechiko:20210726202204j:plain

ギリシャがあるやんかいさー


行ったことないけど、絶景本でよく見たことあるで、この白い建物と青い屋根。

ギリシャサントリーニ島の有名な建物ですよね、これ。

こちら、国民宿舎土佐のお隣にあるホテル。

サントリーニ島へ行くには時間もお金も余裕が無い方、ぜひ高知へ。

美味しいカツオも食べれるよ。


チェックインは16時となってましたが、15時に入れました。

 

f:id:iechiko:20210726202209j:plain

薄暗い和室が若干怖い写真になってますが、こちらがお部屋。

(なんでふすま開けて撮らなかったんだ)

トイレ・お風呂はないけど、通常3人まで泊まれるお部屋なので一人だと充分な広さ。

 

f:id:iechiko:20210726202214j:plain

奥のふすまを開けると、窓から山ビュー。

 

そして、まさかの豚ビュー。

最初丸々した犬かと思ったんですが、豚でした。

コンクリにほぼめり込んでる感が可愛いくてたまりません。

 

荷物を置いて、早速お風呂へ。

露天風呂へ行ったんですが、まぁ、風が強くて脱衣所が寒いこと、寒いこと。(内風呂と露天が別々にあって、露天は脱衣所もほぼ外状態)

偶然一緒になったおば様と「寒いね、寒いね」とキャイキャイ言いながらお風呂へ。

入ってしまえば、眺めのいい素敵なお風呂でした。

 こちらの方も歩きお遍路さんだったので、色々お話しながらあったまるまで長湯。

その方があった最高齢は、80歳の歩きお遍路さん。

それを見て自分ももっと頑張ろう、と思ったんだそう。

 

私ももっと精進します。山しんどいとか、単調な車道つまんない、とか言いますまい。

逆打ちされてたので、ここからの徳島の山がしんどいですよー頑張ってくださいー、とエールなんだか、おどしなんだか分からない言葉をかけて(いや、かなり自分的にエール送ったつもりですが)お風呂をあとに。

そこから、内風呂へ。(外寒くて、露天で洗う気にならなかった)

そんなに大きなお風呂ではなかったですが、16時の使用時間開始と同時に行ったので、独り占め。

 

晩ご飯はかつお丼を頂きました。

 

{5DF0FBA1-5B80-4E46-A32F-AE9D473A4740}

やっぱり、高知に来たら一度はかつお、食べておかにゃ。

 

高知のテレビ(この地域だけかもですが。)テレ朝系のチャンネルないーとかどうでもいいこと思いながら、21時半にはさっさと就寝。

 

残すは明日、1日です。

 

今回お世話になった国民宿舎土佐さんの予約はこちらから。

楽天トラベルのリンクに飛びます。

国民宿舎土佐

 

私が旅の間愛用していたガイドブックはこちら。

納経帳とほぼ同じサイズで、サブバックに収まります。

地図と各お寺の案内が書かれてるので、一冊あるととても便利。