えちこの旅ブログ

知的好奇心のおもむくままに

MENU

【女一人歩き遍路】第8回目3日目 65番 三角寺~66番 雲辺寺までの道のり(豪雨)

※この記事は、2015年9月~2019年4月まで3年半かけて歩き遍路をした記録です。情報などは当時のものなので、現在と変わっていることがあるかもしれません。ご了承ください。

 

2018年5月13日

 

何度も書いてますが、3日目のこの日天気予報は雨。

予報は朝起きても変わることなく、早々に降りだす予報。

ちょっとでも降りだす前に進みたくて、6時にホテル出発!!

 

f:id:iechiko:20210831172246j:plain

ちなみに、この時計以前ランニング中に使ってたもの。(ランウォッチとしては有名なメーカー、ガーミン。すげーお手頃な価格帯のやつ。今はもうちょっとだけええヤツにバージョンアップしました。)

右上のボタンを押すとGPSで位置を取得し始めます。歩いてる最中に、偶然手とかに当たって勝手に位置測定始め出すことが1日2回ほどあります。

 

いや、いや、いらん、いらん。距離も速度もはからへんってーって心で突っ込みながら元に戻します。きわめてどうでもいい個人的お遍路あるあるです。

外は、どんより曇り空。このまま奇跡的にもってくれないかしらー

 

f:id:iechiko:20210831172257j:plain

ホテルは遍路道から外れていたのですが、歩いて2~3分で遍路道に戻れました。

 

f:id:iechiko:20210831172309j:plain

是ヨリ 三角寺マデ 6.3㎞

 

外来語や固有名詞以外のカタカナって、妙ニ暗号感デルヨネ。

ってか、まぁまぁ距離あるな。

 

f:id:iechiko:20210831172322j:plain

松山自動車道をくぐりますと

 

f:id:iechiko:20210831172331j:plain

へんろ道と道しるべ の説明書きが。

 

f:id:iechiko:20210831172340j:plain

へんろ道しるべ8基を建てた茂兵衛さんという方は、生涯に遍路を280回もまわったんだそうです。

いや、すごすぎるやろ。

三角寺までの道のり、段々と上りになっていきます。

 

f:id:iechiko:20210831172447j:plain

ゆるめのイラストに出会う。

 

「あと3分でひびき休息所じゃ」

 

「休息所から三角寺までは30分ぐらいらいしいですよ」

 

「がんばりましょう」

 

そうしましょう。

イラストは明らかに坂降りてますが、こっから上ってます。実際は。

 

f:id:iechiko:20210831172455j:plain

眼下に街並を捉えた数分後・・・

 

f:id:iechiko:20210831172525j:plain

私はやぶの中におりました。

ぜ、ゼーゼー

あ、あれ?次の雲辺寺の山は覚悟してたけど、ここもそこそこ登るのね・・・

 

15分ほどで車道に出て、そこからさらに15分で到着。

f:id:iechiko:20210831172547j:plain

 

65番 三角寺




愛媛県最後の札所です。

小林一茶「これでこそ 登りかひあり 山桜」と詠んだほどの桜の名所なんだそう。

もちろん、季節外なので桜を愛でることはできませんでしたが。

 

聖武天皇の勅願により、行基が開山。割と行基が開いたお寺が四国にもあるんですね。


弘法大師「降伏護摩の秘術」を修法した護摩壇の名残の「三角池」

何だ・・・その秘術・・・


ここまで何とかもっていた天気ですが、着いたタイミングで降りだしてしまいました。

ガーン・・・

 

運よく、屋根付きの広めの休憩スペースがあったので、そこに荷物を置いて、レインコートを着こんでお参り。



本堂


大師堂



・・・頭、でかくね?


こちらの薬師堂、イボやウオノメが治るというご利益があるそうです。

なかなかピンポイントですね。

イボもウオノメもないのですが、マメができて痛いです。

治してください、お願いします。

 

納経してもらって、荷物置いてた休憩スペースに戻るとおじさん3人組がお菓子やお酒を広げてプチ宴会。朝早くから健康的なんだか、なんなんだか。

 

お姉ちゃん、一人で歩いてんのか。雨も降ってきたし、これから大変やな。どこまで行くんや?

え?67番?そりゃ遠いで。次の雲辺寺まできつい山やしな。

もうその時点で15時ぐらいにはなるんちゃうか?

ほんでどこに泊まるんや?え?かんぽ?そりゃ大変や。おそなるでー

まー、とりあえず、これでも飲んでいき。元気出るでー

 

と、手作り梅酒(お湯割り)をいただきました。

(男性アイコンが1つしかないんで、全部おなじシルエットですが、3人のおじさんたちにそれぞれ話しかけられてます。)

 

えーっと・・・・

お酒が飲めない(というか、とっても弱い)私ですが、とても断れる雰囲気ではなく。

梅酒であれば味は好きなので、紙コップに一杯。

 

そしてそのあと

コーヒーも飲んでいき。元気出るでー

と、コーヒーも一杯。

 

そしてさらに、

これも持って行き

f:id:iechiko:20210831172730j:plain

と、お菓子も色々。

これ以外にもぼんち揚げとか、なんやかんやリュックに収まってます。

 

へんろを回ってる訳ではなく、単に地元の方がプチ登山がてらお寺に来ました、みたいな感じやったんですが、この先の地理に詳しかったので、もしかすると過去に遍路歩きしたことがあったのかもしれません。

話し込んだら長くなりそうなので、あえて聞きませんでしたが・・・

 

先は長いけど、頑張りやー!

と声援を受け三角寺をあとに。

 

いっぱい、色々ありがとうございますー!

うっすらほろ酔いのまま、小雨降る中いよいよ四国霊場一標高高い山に挑みます。

(大丈夫かいな・・・)

 

境内では雨に降られましたが、しばらくおじさんたちと触れ合って時間を過ごした結果、出発するころには止んでくれました。

ので、一旦レインコート脱ぐ。

このレインコート着たり、脱いだりめんどくさい。これ登山する人もあるあるですよね。今更ですが、リュックごとすっぽりおさまるポンチョが欲しい・・・

 

f:id:iechiko:20210831172720j:plain

とりあえずの目標は、別格霊場椿堂を目指します。

 

f:id:iechiko:20210831172757j:plain

今日のにゃんこ。

1日1にゃんこ。


f:id:iechiko:20210831172823j:plain

旅かごや跡。

このあと、私とは違うルートから来たおじさん(どの道から来たのか不明。)と合流し、一緒に椿堂まで歩くことに。

はい、またまた旅のお供はおじさんです。

何度も言いますが、歩きお遍路文化はおじさんが支えています。

そして、たまたま私が出会う方だけかもしれませんが、おじさんは関西から来た率が異常に高いです。

この方も大阪の富田林(とんだばやし)にお住まいで、5年ぶり2度目の歩き遍路とのことでした。

 

おじさんと雨が降ったり止んだりする中一緒に歩いて、三角寺から1時間40分ほどで到着。

 

別格霊場 椿堂

f:id:iechiko:20210831172843j:plain

正直、あまり時間に余裕はなかったのですが、せっかくなので参拝していくことに。

f:id:iechiko:20210831172907j:plain

 

f:id:iechiko:20210831172918j:plain

真っ赤な不動明王さんがいらっしゃいます。

ふんぬっっっ って顔してます。

ここで、富田林のおじさんとはお別れ。おじさんは67番近くのお宿に泊まるとのことでしたが、私はさらにその先まで行くので、急がないと日が暮れちゃう。

雨の登山頑張りましょうねーとエールを送り合って、出発。

 

f:id:iechiko:20210831172929j:plain

ほどなく、雨、本格的に降り始めました。

しばらくは車道沿いを歩くので、レインコートよりも傘の方がいいな、と差してみた記念写真。

 

f:id:iechiko:20210831172938j:plain


f:id:iechiko:20210831172945j:plain

66番までの道のりの分岐点。

ここから左へ行けば曼荼羅峠ルート。真っ直ぐ来た道進めば境目峠&佐野道ルート

こんな雨の日に峠はなるべく避けたいし、おそらく一番一般的なのが佐野道ルート。

迷うことなく、佐野道ルートで行くことにしました。

途中にトンネルもあるし。こんな雨の日はトンネル嬉しい。(ただし、明かりのないお化けトンネルを除く)


そして、10分少々で境目トンネルが見えてきました。

 

f:id:iechiko:20210831172953j:plain

えーっと。この写真でどこまで伝わるか分かりませんが、超豪雨です。

分岐点辺りから、とんでもない大雨です。

傘差してますが、全身濡れてます。


確実に大雨警報出てるレベルです。

通常なら、そんな中何時間も歩くとか完全に罰ゲームです。

わざわざ会社を休んで大雨の中長距離を歩くという罰ゲームを己に課しています。ドMか。

 

f:id:iechiko:20210831173013j:plain

狭いですが、歩行者用スペースもあり、そこそこちゃんとライトもあるトンネル。

今はこれがありがたい。

 

ただ、割と車が通るので、横走る度に水ビシャッてかけられて「んぎゃーっ」てなります。

もう、ドMの境地です。

 

f:id:iechiko:20210831173024j:plain

トンネルを抜けるとそこは徳島県三好市でした。

この辺り、香川と愛媛と徳島3つの県の境目にあたります。

66番 雲辺寺は香川の最初の札所ではありますが、住所自体は徳島県三好市です。

 

千葉にあるのに「東京ディズニーランド」みたいなもんですかね。

 

f:id:iechiko:20210831173031j:plain

大雨に降られ歩き続けた国道192号線を離れ、左側の遍路道へ。

 

f:id:iechiko:20210831173040j:plain

残り6キロ弱!

でも、後半は難関の山!うんざり!!

 

f:id:iechiko:20210831173108j:plain

ドン引きするぐらいの雨があがったので、腹ごしらえに三角寺でおじさんトリオにもらったお菓子タイム。(歩きながら。行儀悪くてすいません。)

f:id:iechiko:20210831173124j:plain

右のほっそい方が道です。

大通りだけが道じゃない。それが遍路。

 

f:id:iechiko:20210831173131j:plain

お、お盆・・・?

アキラ100%もびっくりのお盆活用法。

うまいこと私も映り込みました。

 

f:id:iechiko:20210831173139j:plain

山のモヤモヤ半端ない。

さぁ、いよいよ遍路道史上、最も急勾配の登山開始です。

続く。

 

私が旅の間愛用していたガイドブックはこちら。

納経帳とほぼ同じサイズで、サブバックに収まります。

地図と各お寺の案内が書かれてるので、一冊あるととても便利。